メインメニュー
ブログの項目一覧

ブログ・四方山噺 - 最新エントリー

◆第3話 枡水原スキー場
 大山寺集落から枡水原~溝口へ向かう横手道は、昔からの人道をバスが通うように改造された道です。大山寺から枡水原に至る途中で二股に別れる場所があり、ここから左手への道が昔のままの作州や日野郡からの表参道であったわけで、周辺には今も玉石を敷きつめた石畳道や花崗岩造りの鳥居・水飲み場跡が残っております。
 さて、この道の分かれ目には大きい道しるべの石柱があり天明8年の建立で「ましみず(真清水)」と言う文字があります。いつの頃からか枡水という名前に変わったようですが詳しいことは不明です。枡水原高原は今でこそスキー場や行楽の地として栄えていますが、昭和2年頃までは寂しい無人の原野でした。昭和8年頃、元、警察官であった松岡政信と言う方が観光の将来を見越して小さな家を建て、それが今日の枡水原の繁栄となりました。ちなみに、その家が現在も枡水原にある松岡旅館であります。

 以後、枡水原周辺には、企業等の保養所が数多く造られ大勢のスキーヤーが訪れました。私もその時代、保養所でのスキー講習会の講師を務めており、ある日バリバリに凍った枡水原のテッペンからクローチングで直滑降をしたところスキーの先端が浮き上がるほどのスピードが出てしまい、フッ飛ばされないよう、ただ頭を下げゲレンデ下部における超大回転制動でやっと止まると言う経験をしたことを思いだします。

新緑の大山登山

カテゴリ : 
1)会長の徒然日記
執筆 : 
osamu-A001 2012-5-21 11:33
5月19日土曜日、新緑の大山に登ってきました。7時30分南光河原駐車場からヒップバッグだけの軽装で夏山登山道スタート。
 緑したたる樹林帯を行くとやはり3合目から5合目にかけてはキツイ登り、しかしここが我慢のしどころで6合目までノンストップで行きました。
 ここからは樹木も低くなり風も通るし眺めも良く、ビユーポイント毎に立ち止っては雄大な景色を愛でてノンビリ登りました。
 頂上には2時間20分で到達。天気も良くはるか遠く日本海には隠岐の影も見えました。少し休憩したのち長居は無用と下山開始。下り用に長く伸ばした2本ストックをフル活用し駐車場まで1時間30分の快速下山。
 この日は土曜日・快晴と言うこともあり登山者が多く、行き交う度の「こんちわ」「こんちわ」が忙しい今年3回目の大山登山でした。

大山余話第2話 豪円山

カテゴリ : 
1)会長の徒然日記
執筆 : 
osamu-A001 2012-5-12 9:25
豪円山はもと呼滝山と呼んだが、ここに豪円僧正を葬ったと言うので豪円山と改めたそうです。豪円僧正は米子城との領地争いに決着をつけるため、江戸幕府から大山の寺領三千石安堵の朱印状を取りつけ、その利権を確保するために大活躍した英雄であり、初めは大山寺に入って修行したのち比叡山へ移りました。

その後、永禄4年には備前の金山寺の住職になって備前の諸寺をも復興させるとともに秀吉とも交流する仲となり、備中高松城水攻めの際は雨乞いの法を修めたともあります。その豪円は文禄3年に伯耆国角盤山大山寺座主(兼任)になるとともに、その後、延暦寺法華大会の講師、正親町天皇17回忌法要では導師を務めるなど、大いに活躍した力のある僧正でした。

今はリフトも撤去され寂しい豪円山ですが、昔指導員検定受検の頃、私が毎週のように東側の壁(急斜面)に蟠踞・跋扈しているのを他人が見て「いつ来てみてもあの壁に居ついているあの〇〇〇のような奴は何者だい?」と言っているうわさが回りまわって自分の耳に届き、苦笑したことを思い出します。

大山余話 第1話 博労座

カテゴリ : 
1)会長の徒然日記
執筆 : 
osamu-A001 2012-5-7 6:44
◆第1話 博労座坐
現在、大山の観光バス駐車場となっている広場は、もと博労座と呼ばれ昔、牛馬市の開かれたところです。牛馬の良し悪しを見分ける人のことを伯楽と言い、このハクラクがなまって博労座となったと言われます。
 平安時代末の基好上人が大山地蔵菩薩は牛馬の守護仏と唱え、牛馬の守り札を全国に配ったので牛馬を連れ参詣を兼ねてのこの牛馬市が盛んになりました。それが組織化されたのは江戸時代中頃であり昭和12年まで続きました。この守護仏の関係でしょうか大山寺境内には大きな銅製の牛が居座っております。

 明治末になり山陰線や伯備線の鉄道が開通するにつれ、牛馬を連れて大山に上るのも大変なので大山が国立公園に制定されたこの年をもって廃止されたのです。
 ちなみに私の大山初スキーは昭和34年にこの博労座でした。リフトもありませんから2百米ばかりの斜面を滑ったり転んだりしては歩いて上がることを終日繰り返し、雪と汗でグチャグチャになったことを思い出します。

納め会が6月23日土曜日に

カテゴリ : 
1)会長の徒然日記
執筆 : 
osamu-A001 2012-5-4 10:27
スキーシーズンが終わりホッとしたところで恒例の納め会があります。
6月23日(土) 18:00から「網元」で開催です。(当初6/9から変更)
各種ご苦労さん会、祝勝会を兼ねてにぎやかにやりましょう。
沢山の参加をお待ちしています。
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
ミニカレンダー
前月2019年 2月翌月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
<今日>
最新のフォトレポ
フォトレポートのトップへ
ブログの最新投稿
ブログ・四方山噺のトップへ
サイトURLのQRコード

携帯電話のバーコードリーダー機能でURL(PC用と同じアドレス)を読み取ることができます。
わからない方は、フォーラム等でご質問願います。
※通信料がかかるので気をつけてください※

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project